復縁 カレッジ

復縁 カレッジ

冷却期間はどれくらい?恋愛中にケンカ別れした元彼との復縁方法

恋愛中のカップルがケンカ別れした場合、復縁したい元彼とどれくらいの冷却期間が必要なのか詳しく解説!恋人同士に喧嘩はつきものですが、別れ方によって必要な冷却期間は1週間から1年と様々。状況をきちんと見極め、正しい復縁方法と手順で復縁の可能性は一気に高まります。

こんな人にオススメ

  • ケンカした勢いでつい心にもないことを言ってしまった
  • 謝りたいけれど素直になれずタイミングを失った…
  • 喧嘩別れしたときの冷却期間がどれくらいか知りたい
  • 何度もケンカ別れを繰り返してるので冷却期間の効果がない

ケンカで別れた場合、冷却期間はどれくらいが最適なのか

ケンカの発端や恋愛期間、ケンカの程度で冷却期間は大きく変わってきます。

  • 勢いでケンカ別れした場合は1週間程度
  • 既に彼女がいる場合は1年
  • ケンカの程度が大きいものは半年から1年

上記はあくまで目安ですが先走って冷却期間をしっかりとらないで、よりを戻すとケンカ別れを繰り返すケースが多くあるので冷却期間の必要性を認識することが大切です。

言い合いでケンカ別れした場合は長くても1週間以内に復縁できる

つい言葉で負けたくなくて言い合いになりケンカする女性って多いのではないでしょうか。恋愛における男女の関係はもつれやすくこじれやすいもの。こう言った軽度なケンカ別れの場合は冷却期間が1週間で復縁できるパターンが多いです。

言い合いのケンカの場合、冷却期間を開け過ぎると逆に復縁の可能性が低くなるので、一週間程度は連絡を断って相手から連絡が来ないか待ってみて下さい。男性が冷却期間を経て寂しさや後悔するまで約一週間なので、連絡が来たら明るい口調で迎えて下さい。

微妙な関係のまま自然消滅になった恋愛は長期戦を覚悟

特に年上の彼との付き合いによくあるのですが、会える回数が少なく連絡もまばらな恋愛だった場合、復縁の冷却期間は1年くらいかかるでしょう。というのも「結婚していた」「二股だった」とケースが多くあるからです。

最低でも1ヶ月の冷却期間は一切の連絡を絶ち、復縁するか別れるかの決断をしてください。相手が曖昧な返事をしてきたら別れる選択をした方が次の恋愛に目を向けられます。復縁するには1年の冷却期間は覚悟してください。

付き合いの長いカップルのケンカ別れは冷却期間を長くとる

3年以上付き合ってケンカ別れしたのならあえて冷却期間を長めにとります。直ぐに復縁しても根本的な問題が解決していないため、また喧嘩別れしてしまうためです。半年から1年の冷却期間を使ってお互いの問題点を改善できるか、今の自分に本当に必要な相手かを確かめて下さい。

ケンカ別れしてから1ヶ月も経たないうちに、連絡のない寂しさを感じます。決してこの寂しさは愛情とは限りません。1ヶ月は完全に連絡を絶ちその後1週間に1度のメールや電話をする緩い冷却期間を3ヶ月程度取り、半年から1年かけて復縁を目指して下さい。

Return Top