復縁 カレッジ

復縁 カレッジ

復縁するには条件付き!元彼に頭を冷やさせる冷却期間に実行すべき3つのポイント

元彼と復縁するには別れた理由を問わず、冷却期間中の1ヶ月は電話やメールなどの連絡を断ち切る我慢が必要です。特に別れた直後の「ごめんなさい」といった連絡は事態を悪化させることも。復縁するには男性心理を紐解き正しい復縁方法を理解することが重要です。

この記事では元彼にケンカ別れの原因になった問題点をしっかり反省してもらい、復縁するにはどうしたら良いのかを自ら考えさせる復縁方法を紹介します。

こんな人にオススメ!

  • いつも元彼が原因でケンカになる
  • 元カレにも悪いところは改善してもらいたい
  • 私は悪くないのにいつも謝るのはわたし
  • 相手にも反省してもらいながら復縁するにはどうしたら?

最低でも1ヶ月、冷却期間の連絡を全て無視する

 
ケンカ別れをを繰り返す恋愛をしていたカップルは、やり直したとしても再び同じ状況になるケースがほとんど。この場合、効果的なのは連絡が来ても1ヶ月間は無視し続けること。立場を逆転させ復縁するにはこの方法が一番。

彼はいつものように「許してくれる」と高を括っているはずなので、1ヶ月(3週間でも問題なし)無視し続ける事で「ヤバい」と思わせる効果があります。その間、連絡が取れないことで相手はかなり不安な日々を過ごし危機感を感じるのです。

別れた理由を正確に認識させる

彼から復縁メールや電話連絡がきたら相手が話し始める前に必ず何故別れたのか理由を問いただします。これはカレに別れた理由を認識させる役目と、潜在意識に働きかける効果があります。誤魔化そうとしたら容赦なくメールのやり取りをそこでやめて下さい。

しっかり相手に言わせることで「これが原因で別れた」と認識し、今後同じような状況に陥ったとき男性心理的に危機回避能力が働くようになります。復縁するには原因を明確にし「同じことをしたら振られる」と潜在意識に植え付けるようにしましょう。

復縁するには必ず「条件」をつけること

 
復縁したいと言われた時に必ず実践してもらいたいのが、復縁するには「条件がある」と一言添えて下さい。この条件とはケンカ別れの原因や改善してほしいことを指します。相手は「条件」と言われた時点で反射的に理解できるハズです。

1ヶ月連絡が取れなかった不安やダメージが元カレには残っているので、かなり効果が期待できます。ただ、調子に乗ってやり過ぎると復縁の可能性が無くなってしまうので注意してくださいね。

Return Top