復縁 カレッジ

復縁 カレッジ

メールで記憶を呼び覚ます!デジャヴから始まる復縁方法

過去の記憶が突然蘇って、懐かしい場所に行きたくなる。そんな経験があるならば、誰でも出来る復縁方法があります。付き合っていた彼に、デジャヴを感じるように仕向ける復縁メールを送って、気持ちを高ぶらせた状態で再会する復縁方法とはどんなものか探っていきましょう。

こんな人にオススメ

  • 昔のメールを見ていて、彼と会いたくて仕方なくなった
  • 過去の恋愛を忘れられず、残っているメールを何度も見てしまう
  • 別れてから時間が経ってしまったから復縁は無理かも…

昔のメールをチェック!忘れ去った記憶を使う復縁方法とは

古いメールを読み返していたら、ふと「あれ、こんな話していたっけ?覚えていない…」と気がつくことがありませんか?人はすぐ流れていく時間と共に忘れてしまうもの。しかし、削除できずに残された情報を上手に利用する復縁方法があります。1度だけ行った場所、1度だけ話題になった人や言葉を有効活用した復縁方法です。

ある場所に行った時や、何かのシチュエーションで「あれ、なんかこの風景覚えがあるな」と思うことがありませんか?これをデジャヴ、日本語では既知感と言います。その場所や交わした言葉に運命的なものを感じさせる復縁方法のファーストステップは、過去のメールを辿るだけ。誰でも実践できる至って簡単な復縁方法なのです。

一言を拾う!ヒントは何気ない言葉

早速過去のメールを見返しても、全然使えそうなものがない…と思うかもしれません。しかし、何も特別な出来事ではなく、何気ない一言が有力な復縁方法の材料となります。すぐに忘れてしまうけれど、頭の片隅にはあるものこそが、デジャヴを引き起こす、というよりデジャヴと錯覚させるのです。心理的なコントロールを復縁方法に利用します。

例えば、「◯◯の夢見た」とか、「友達が◯◯に行ったらしい」とか、一見重要ではなくすぐに忘れてしまう様なメールのやり取りがあったら、復縁方法に有力な材料です。また、一緒に行った居酒屋やレストランでの食事で、「◯◯美味しかったね」という会話も重要。デジャヴのようで実は経験した過去。この復縁方法には運命と思い込ませるテクニックを使います。

材料が揃ったら早速メールをしよう

別れてから時間が経ってしまってメールをしにくかったとしても、デジャヴを使った復縁方法ならきっかけにしやすいです。言葉巧みに操る復縁方法とは違い、あなたが偶然思い出した過去を、ふと気になって連絡したという自然な流れが作れるからです。まずは「そんなことあったっけな」というレベルの話題を吹っかけて、彼に記憶を辿らせましょう。

メールで一度しか話題に出ていないような人に偶然再会した、場所に行ったら、懐かしく思ったと言われると、覚えていないほど気になります。でも、そう言えばどこかで聞いたことのあるような…と記憶を巡らせる間に、様々な風景が蘇ってきます。脳と心理学を使った復縁方法なので、気付かぬうちに相手に意識させることができます。

Check
この内容は無視されて当然!元彼がドン引きする復縁メール

浅い記憶から濃い記憶へと誘導する

過去のメールを見ていると、頻繁に出て来る会話の癖があるはずです。デジャヴを使った復縁方法の次のステップでは、無意識に繰り返される言葉や出来事を使って再会まで持っていきます。よく覚えている場所での再会は復縁方法に効果的。馴染みのある場所や思い出深い場所を選びましょう。

待ち合わせやお店はよく行ったお店、会話は何気ない日常の会話。聞いたことのある言葉を良く覚えている場所で聞くと、その空間に運命的なものを感じます。この復縁方法は再会までの準備が大切です。実践する時は最初のメールは慎重に、少しずつ記憶を呼び覚ましていきましょう。運命を感じさせる復縁方法、早速実践してみてください。

Return Top