復縁 カレッジ

復縁 カレッジ

お知らせ!

2018/4/4 現在、今月も沢山の方から復縁報告が続々と届いております。
講座案内!
2018/4/6 開催の「意中の彼を振り向かせる講座」は、満員御礼のため本日(3/24)をもって応募を締め切りました!
2018/4/15 開催の「復縁講座」は、満員御礼のため(4/3)をもって応募を締め切りました!
2018/4/28 開催の「元彼を本能レベルで虜にするベッドテク講座」は、満員御礼のため(4/1)をもって応募を締め切りました!
今回参加できなかった方は、次回開催までお待ちください。

失恋からの復縁はこれで完璧!立ち直り方と前向きなハッピー攻略が鍵

失恋はつらく、どうやって立ち直ることができるのかわからない程目の前が真っ暗になるものですね。でも大丈夫、失恋から復縁成功して幸せになった女性はたくさんいるので安心して。この記事では、復縁を成功させれるために必要な、失恋から立ち直る方法から前向きな復縁への攻略法までお伝えします。

こんな人にオススメ!

  • 失恋して前向きになれず、どうやって立ち直ることができるかわからない
  • 一般的に失恋してどれ位の期間で立ち直るかを知り冷静になりたい
  • 失恋したけど、元彼との復縁をあきらめきれない
  • 失恋から復縁への挽回方法を知りたい

つらい失恋から「立ち直る期間」とはどれ位必要?

脳科学においては、失恋はPTSD(心的外傷後ストレス障害)と似ていると言われています。PTSDとは、とてもショックな出来事があった後もその衝撃が心や体に残り、失恋を含め何らかの障害が出るストレス障害。

失恋をPTSDから考えると、立ち直るためには「交際年数×1ヶ月」の期間が必要

また脳科学では、人間にはもともと失恋などを含めた困難を乗り越える力がある前提があり、その立ち直る期間は3ヶ月。
失恋などで自棄になり自己破壊的な行動をとったとしても、3ヶ月で立ち直ることができると定義されています

実際失恋経者の事情では、脳科学の結果同様、立ち直るまでに要した期間は1ヶ月程度が最多。その次に多い期間が2ヶ月〜5ヶ月のため、長くても半年以内に失恋を立ち直ることができ、復縁など新しい可能性へと前向きに進む傾向が見受けられます。

失恋から立ち直る心理ステップとは

臨床心理学者のSuzanne Lachmann氏が提唱する心理学においては、失恋から立ち直るまでに7つのステップを要すると言われています。

  1. 失恋してしまった原因に悩み、思い巡らせる
  2. 失恋の要因に対して否定や拒否する衝動が沸き起こる
  3. 相手へ依存する気持ちが生まれ、復縁したいと迫り方法を試行錯誤する
  4. 復縁に向けて努力するが思うようにいかず失望し、消沈する
  5. 復縁したい理想とうまくいかない現実の狭間で怒りが湧き起こる
  6. 何もできず、もう一度仕方なく失恋という現実を受け止め立ち直り始める
  7. 気持ちが吹っ切れて、新しい未来やその先の可能性へと前進する

このように失恋から立ち直る期間をとおして、心理的に螺旋階段のようなスパイラルを繰り返すのが特徴。これらの期間を知ると、今自分がどの段階にいるのかを把握し失恋に対する感情を冷静に捉えるため、この7ステップをしっかりと理解することは失恋から立ち直るための重要な鍵なのです。

元彼との失恋から立ち直る期間:7ステップ

この失恋から立ち直7つのステップを詳しく見てみましょう。

  1. 失恋した理由を考える
    元カレと失恋した直後は「なぜ?」という疑問が起こります。それは、まだ失恋という事実を受け入れられていないから

    「どうして?」というわだかまりを元に、失恋の理由を考え立ち直ることができない期間。

  2. 失恋した理由に対して否定心を抱く
    別れた理由がわかったとしても、失恋した事実を受け入れ立ち直るだけの心の余裕がこの期間はまだありません。失恋のショックが大きいほど、現実を受け入れにくいもの。

    一度は明確になった失恋の理由に対して反発するかのように否定をし始める期間。

  3. 相手への依存心から復縁したいと様々な方法を試みる
    失恋した理由を否定したところで目の前の現実が変わるわけではありません。だからこそ、元彼と復縁したいという気持ちが増していき、依存心が大きくなります。

    そのため、復縁のためなら何でもしようと失恋した元彼に服従して関係の修復方法を模索し始める期間。

  4. 試行錯誤した方法がうまくいかず、復縁できないため失望する
    元彼に服従しても失恋によって2人の間にできてしまった溝を深めることができない時期。

    復縁方法が見えないため、立ち直るのにさらに苦しんでしまう期間。

  5. 理想と失恋の現実の狭間で怒りを抱く
    理想通りに元彼と復縁できず、失恋という現実との狭間で苦しんだ挙句、怒りの感情が生まれる期間。その怒りの矛先は、自分や元彼、失恋した過ちの原因と考えられる過去の行為に対してなど。

    怒りのエネルギーによって失恋の痛みを前向きに転換しようとする期間。

  6. もう一度仕方なく失恋したという現実を受け止め、立ち直り始める
    失恋したのだという現実を仕方なく受け止める期間。

    仕方なく受け止め、お互いにとって前向きな未来を考えて立ち直り始めます

  7. 失恋を吹っ切れて未来の希望へと立ち直る
    さらに失恋という現実をしっかり受け入れられるようになると、元彼への依存心がなくなり、自立して立ち直ることができます。

これらの期間を経て失恋からきちんと立ち直ることができてから復縁に向かう姿勢こそが、効果的に元彼の心を掴むための大切な鍵。この7ステップの途中で努力しても、心が整っておらずしっかりと自立できていないため、復縁失敗のリスクが高くなってしまいがち。失恋するとつい急いでしまいがちですが、この期間を最後までしっかりと踏むと復縁への近道となるので心に留めてくださいね。

失恋しても復縁の可能性をあげる方法

では、心が落ち着き立ち直ることができたら、失恋からの復縁の可能性をあげる効果的な方法を実践してみましょう。

1. 元彼に嫉妬を抱かせる行為や言葉を活用する復縁方法

嫉妬のストラテジーとは、相手の嫉妬心をくすぐる行為や言葉により、潜んでいた恋愛感情を引き出したり蘇らせる方法。恋愛心理学にも活用される嫉妬のストラテジーで、失恋後元彼に言葉や行動によって嫉妬を抱かせる行為によって効果的に復縁へと駆り立てるスキルです。

おススメの方法は、嫌でもあなたに注目しなければならない状況をつくる、失恋した元彼と関わりのある人に接近すること。男性は「失恋しても元カノは未だに自分が好きだ。」と思っていたい生き物。

元彼が嫉妬してしまうような行為や言葉を発すと、その自惚れた考えが覆されて嫉妬心を刺激し、湧き上げるのです。

2. 大きなイメージチェンジをする復縁方法

もうひとつ効果に復縁を実現する方法は、失恋した頃からは想像できないほどの大きなイメージチェンジを実践する方法。

これは、心理学のゲインロス効果に基づく恋愛術の1つの方法で、何かしらのギャップを作ることで再び注目させるスキル。失恋からの復縁に特に効果的で、成功の可能性がぐんと上がるためおススメ。

ゲインとは「得るもの」、ロスとは「失うもの」という意味があり、悪い印象から良い印象へと視覚的にイメージチェンジし、失恋した元彼に対してこれまでと違う良い印象を与えてギャップをつくり、心をひきつけることができるのです。

失恋と復縁には「マイナスからプラスへのイメージチェンジ」が効果的

心理学のゲインロス効果を失恋や復縁に役立たせるためには、マイナスからプラスへの変換が重要な鍵。元彼と付き合っていた時や別れて失恋する直前が元カレにとってマイナスであったなら、そこからプラスになるイメージチェンジが要

印象を変えると人間性も変わったと男性は判断するので、意外な一面に元彼が再び興味を持ち始める心理を活用するもの。元彼にとって、「別れを選択するというマイナス」から「復縁したくなる程のプラス」へと急チェンジすることで良い意味でのギャップが生まれて、ゲインロス効果を最大限に活用できるのです。

そのためにはまず、マイナスだった失恋した頃の自分は元彼にどう見られていたか?についての分析がとても重要。実際、失恋しても復縁に成功した女性の多くは、髪型やファッション、メイク、表情などのビジュアル面だけでなく、内面を劇的に良い方へ変化させて成功しているもの。

失恋を乗り越え復縁を成功させるには、ここがポイントになるので自己判断は実は禁物。失恋の多くの原因は、主観による勘違いがほとんど。自己解決だけでは、失恋の根本原因を解消できず、逆効果を招いてしまう危険性も。

実は、失恋をふっ切り復縁へ成功した女性の多くが、心理学や男性心理に精通したプロのカウンセラーに早いタイミングから相談をしているとご存知ですか。プロのカウンセラーからの視点は、自分では見えなかった失恋の根本要因に気がつくことができるため、元彼の心を掴みとるための近道に。

特に行動心理学やnlpを含め多岐に渡る心理学に精通している「るーちん先生」のカウンセリングは、絶望的な失恋をしても復縁が可能と、圧倒的な成功率で人気なだけあり、かなり効果的なので、不安な方はぜひ試してみてくださいね。

魔法の言葉で失恋を振り切って立ち直り、復縁を引き寄せる方法

「元カレと復縁したい」ではなく「元カレと復縁する」と強く断定する発言が、実は魔法の言葉だとご存知ですか。この言葉を唱えるだけで、暗い失恋の気持ちが立ち直り、離れてしまった元彼の心を引き寄せる力があるのです。これは一時話題になった「引き寄せの法則」でも必ず出てくる、心理学のアファメーションに基づく方法。

アファメーションとは自分自身へ強く宣言するという意味で、「必ず復縁できる!」と自信を持って宣言し断定する言葉を使うことで、あなたが本当になりたい状態を引き寄せ、願いを実現していく強い手法

アファメーションの言葉を積み重ねると、自然と失恋によるネガティヴ思考がポジティブ思考に変換され立ち直り、見た目も明るくなるのも特徴。その明るさに元彼が気づき、復縁をさらに近づけるというメリットもありアファメーションの効果は計り知れません。

未来志向宣言で失恋を乗り越え復縁できる自分になる方法

心理学のアファメーションを失恋からの復縁に活用する時は、自分への宣言を明確な未来志向にしていく言葉が効果的。「絶対に失恋しない」「絶対に復縁する」という単純な願望でしかない宣言や言葉は未来志向とは言えません。

失恋前の楽しかった頃に戻りたいと思っても、過ぎ去ってしまった日々に戻るのは現実的に不可能なもの。元彼と復縁したら、「新たにどのような関係を築いていきたいのか?」それを明確にしていく思考こそが、復縁の願望を現実にする鍵なのです。

アファメーションはおまじないではありません。願えば叶うのではなく、宣言を潜在意識に落とし込むことで実現する自分へと変わっていく方法。ですから、失恋前の過去にすがりつくような宣言ではなく復縁後に焦点をあてた未来志向であることがポイント。

失恋からの復縁は「心理学」が最強の武器!

人間には心があります。心の動きが行動となって現れる限り、問題が起こった時の対策方法を考えるためには心理学が必要。恋愛、特に失恋や復縁こそ心でするものですから、心理学は切っても切れません。失恋した後は自分だけではなく、実は元彼の心もかなり揺れ動いています。

だからこそ、心理学を活用して元彼の心の動きをキャッチし、復縁へと導いていく必要があるのです。ここで掲載した復縁に効果的な心理学の手法はごく一部でしかありません。

失恋という困難を乗り越え立ち直ることで、あの頃より確実に成長でき、女性として輝きます。恋愛成就で磨かれた時の輝きよりも、失恋を乗り越えて磨かれた時の輝きの方が眩しいもの。

失恋で悩み苦しむだけではなく、うまく心理学を取り入れていくことで、復縁に向かって一皮剥けたさらに輝くあなたへの一歩をぜひ踏み出してみてくださいね。

Return Top