復縁 カレッジ

復縁 カレッジ

お知らせ!

2018/4/4 現在、今月も沢山の方から復縁報告が続々と届いております。
講座案内!
2018/4/6 開催の「意中の彼を振り向かせる講座」は、満員御礼のため本日(3/24)をもって応募を締め切りました!
2018/4/15 開催の「復縁講座」は、満員御礼のため(4/3)をもって応募を締め切りました!
2018/4/28 開催の「元彼を本能レベルで虜にするベッドテク講座」は、満員御礼のため(4/1)をもって応募を締め切りました!
今回参加できなかった方は、次回開催までお待ちください。

これじゃ復縁できないのは当たり前!別れたカップルの復活を邪魔するNG言動

元彼が復縁を断る理由の多くが別れ方よりも冷却期間の言動が間違っていてうまくいかないパターン。この記事では復縁できない女性のケースとその理由について徹底解説!冷却期間中の男性心理を理解することで、復縁できない事態を回避しカップルに返り咲くことも可能なので、当てはまる言動がないかチェックしてみて下さい。

こんな人にオススメ!

  • 復縁したいけど連絡が取れない
  • 元彼に告白したけど振られた
  • アプローチの仕方がわからない
  • 復縁できる冷却期間の過ごし方を知りたい
  • また失恋するのだけはごめんだ

ネガティブな発言は鬱陶しく感じるだけ

復縁できない女性の多くは「諦められない」「もう一度やり直したい」といったお願いめいた連絡をするケースが多いのですが実はNG言動。あなたが振った側であれば問題ありませんが、振られた側なら男からすると「鬱陶しい」だけ。

復縁できない人に多いのが自分の感情ばかりをアピールし過ぎてしまうケース。男が未練がましいのは振られたときだけなので、それ以外は全てが逆効果。アプローチは正しい手順に沿って行うのが基本。相手の心理状態に合わせた復縁方法を実践しないと復縁できないのは当然と言えます。
Check
この内容は無視されて当然!元彼がドン引きする復縁メールの全貌とは

感情的になり過ぎて話し合いにならない

ケンカ別れや浮気関係に多いこのパターンでは男性がついカッとなりがちですが、内容によってはお互いにヒートアップして話し合いにならないケースも良くあります。ですが別れてもこの状態なら復縁できないのも当然。

女性には理解しにくいかもしれませんが、筋違いなことをしても言い切ってしまったら素直に謝れないのが男心。同じ土俵でケンカしても復縁できるはずがありません。復縁するには責める物言いは避けて、「私も〇〇するからあなたも〇〇直す努力をして」などお互いに改善する提案の仕方が最も効果的です。
Check
冷却期間中の男性心理を丸裸!これが分かれば振られた後も怖くない
冷却期間はどれくらい?恋愛中にケンカ別れした元彼との復縁方法

相手に尽くし過ぎてしまう

相手に尽くし過ぎてしまうと基本的には相手のペースにもっていかれるため直ぐには復縁できないパターンがほとんど。さらに最悪なのが遊ばれてしまうケース(いわゆるセフレ)が多いのが特徴です。冷却期間中のセックスはご法度。

相手がどんな甘い言葉をかけてきても体の関係は絶対NG。もし許してしまうと都合のいい関係が継続し復縁できないパターンがほとんど。復縁の基本は相手に追いかけさせるように仕向けること。相手に尽くす復縁方法は失敗が多いので注意が必要です。
Check
復縁の可能性ゼロ決定!?冷却期間に犯しがちな4つの失敗

無視され続けて連絡が取れない

着信拒否やlineブロックをされ連絡が一切取れない状態のパターンは、ある程度の復縁期間をおかないと復縁できないのが現状です。間違ってもストーカーみたいに突然会いに行ったり、職場に連絡するのは絶対NG。

絶縁状態のケースではあなたが浮気をしたなど信頼を損ねるようなことをしたり、酷い別れ方をしたケースに多く見られ、元彼の気持ちが落ち着くまで静観するのが基本。こういったパターンだと復縁期間が長期戦になることを覚悟しなければいけません。
Check
「LOVE REMAKE」で37日で元彼と復縁できた!決定的な別れはラブ・リメイクがおすすめ!
元彼から連絡が来ない!音信不通の理由と復活までの復縁期間

しつこく電話やメールをしてしまう

冷却期間に感情をコントロールできずにコンタクトを取ってしまう良くありがちなのがこのパターン。別れた直後の男性心理を理解せずに復縁メールなどを連絡をしてしまうと、状況をより悪化させ復縁できない可能性を高める結果に…特に返信率が低くなってきたら要注意!

恋愛中のカップルとは違い、別れた後の男の心理状態は自由になりたい気持ちでいっぱいです。冷却期間にLINEやメールなど頻繁に送ると「距離を置きたい」と感じるのが男心。特に振られた後のアプローチは着信拒否やLINEブロックされることもあるので注意が必要です。

Return Top