復縁 カレッジ

復縁 カレッジ

遠距恋愛が原因で破局?元彼との復縁が困難な5つの理由

遠距離恋愛が原因で恋人を別れてしまった場合、復縁するのが困難です。遠距離恋愛が続かない理由は、距離という物理的な問題だけが原因ではありません。離れてしまう前の対策や、離れてから起こる可能性のある問題の予想とその対策が重要です。ここで復縁するのが困難である5つの理由を紹介します。

こんな人にオススメ

  • 遠距離恋愛の失敗パターンを知りたい
  • 遠距離恋愛で自然消滅した原因がわからない
  • 転勤が決まった彼に別れようと言われたけど、復縁したい

遠距離恋愛がスタートする前にルールを決めていない

遠距離恋愛になる時期が決まったら、まず離れるまでにルールを決めなければ遠距離恋愛を続けるモチベーションはどんどん下がっていきます。ルールや約束は責任を伴うので破る行為は責任感の欠如、約束を果たせない嘘つきという男性には致命的な欠落要素となるからです。。

週に1回電話する、◯月◯日に会うなど約束といっても様々。先のビジョンなく遠距離恋愛になり別れてしまうと、責任も問われないし復縁する理由もないですよね。その後音沙汰ないようであれば、遠距離恋愛になった途端その程度の付き合いしか出来ない人なのだと思って忘れた方があなたもも前に進めるでしょう。

近くにいる人を好きになるという男性心理

「離れていても大切に思っている」と口ではいくらでも言えます。でも実際には何かあった時、傍にいて欲しい時に叶わないのが遠距離恋愛。女性は心の繋がりを求めますが、男性は本能的に身体の繋がりを求めます。遠距離恋愛で会えない彼女より、触れられる、匂いを感じる、抱き合える存在が優先され復縁する選択はなくなります。

遠距離恋愛が始まって少し経ってから、「好きな人が出来た」と言われたら、もう他の女性と深い関係になっているでしょう。近くに本命が出来ると遠距離恋愛の彼女は存在感が薄れます。下手に会いに行ったり新しい彼女の存在を調べようとすれば、ストーカー扱いされて復縁どころか拒絶されます。自分のためにも突き放すという選択を受け入れましょう。

少しの時間のずれが生む大きなすれ違い

遠距離恋愛の大きな問題は、片方だけが新たな生活環境になるということ。人との付き合い方、寝起きやプライベートの時間も、今までと180度変わる場合もあります。相手に気遣いさせるとストレスとなり、別れた方が楽だと考えるようになります。遠距離恋愛の時間のすれ違いによるストレスは、復縁の大きな妨げです。

遠距離恋愛で生活パターンが見えず、おかまい無しにメールや電話をし続けて最後は冷たく別れを告げられる。その場合彼に「依存されている」とい思い込みがあるので復縁が困難です。この思い込みを消すには、終末の夜だけメールを送ってみましょう。遠距離恋愛が叶わなくても、遠くから週1回届く応援メールを迷惑には思いません。

信頼する強さに忍び寄る見えない不安

お互い信頼しているから大丈夫と思っても、遠距離恋愛には不安と言う魔物が存在します。特に女性が感じる不安は彼の重荷になることも。相手を疑う様な言葉をメールや電話で繰り返せば、当然言われた方も「何を言っても無駄」と心を閉ざし、本心を言わなくなります

遠距離恋愛で不安感が募って彼を疑い別れたなら、信じられなかった自分を認め素直に謝りましょう。遠距離恋愛で心を閉ざした彼に復縁を持ちかけても、すぐにオープンにはしてくれません。1度友達に戻る感覚で、「いつかはそっちに遊びに行くね」など、再会をイメージさせる復縁メールで長期的に心を解いていきましょうb

成長するスピードの違いが2人の溝を深める

同じ環境に身を置くよりも、全く違う環境に飛び込むと人は急激に成長します。遠距離恋愛で別れてしまう原因のひとつがこの成長スピードによる考え方の変化です。男性は彼女と話が噛み合なくなってしまうと意見を聞いてくれたりアドバイスしてくれる同僚など少し先を行く女性に魅力を感じます。これが遠距離恋愛の現実です。

遠距離恋愛になって相手に転機が訪れていると感じたら、そっと見守りましょう。混乱や苦悩の状況では、人より自分で手一杯なので復縁のマインドになりません。そんな時は、自分も変わるチャンスの到来と考えましょう。遠距離恋愛がうまくいかないならば身近に小さな恋愛を見つけるのも一つの打開策。自分自身が常に楽しく幸せな状況に身を置きましょう。

Return Top